○国分寺市議会が行う環境マネジメントシステムに関する運用規程

平成18年8月1日

議会訓令第2号

(趣旨)

第1条 この規程は,国分寺市環境マネジメントシステム運用規程(平成18年訓令第12号。以下「市長規程」という。)第11条の規定に基づき,市長が実施する環境マネジメントに国分寺市議会(以下「議会」という。)が参加する際のその運用について,必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規程において「環境マネジメントシステム」とは,次条第1項の環境管理統括者が,市長規程第2条の規定により定められた環境方針に基づき,環境に関する計画の策定及び議会の事業活動の展開に対して,議会の事務及び事業による環境への配慮を推進するための行動をPlan(計画)・Do(実施及び運用)・Check(点検及び是正)・Action(見直し)の手順により,継続的に取り組み,改善するシステムをいう。

(環境管理統括者及び環境管理統括責任者)

第3条 国分寺市議会議長(以下「議長」という。)は,環境マネジメントシステムの管理運営に関する環境管理統括者(以下「統括者」という。)として,環境方針を定めるとともに,環境マネジメントシステムの策定及び総括評価を行い,総合的に推進するものとする。

2 環境マネジメントシステムを適切に管理するため,環境管理統括責任者(以下「統括責任者」という。)を置き,議会事務局長の職にある者をもって充てる。

3 統括責任者は,議会における環境マネジメントシステムの管理及び運営に関する事務を統括する。

(環境管理責任者)

第4条 議会における環境マネジメントシステムの確立,運用及び維持を適切に行う環境管理責任者(以下「責任者」という。)を置き,議会事務局次長の職にある者をもって充てる。

(環境管理推進員)

第5条 議会に環境管理推進員(以下「推進員」という。)を置き,議会事務局の庶務担当係長の職にある者をもって充てる。

2 推進員は,責任者の指示を受け,責任者を補佐するとともに,環境マネジメントシステムの確立,運用及び維持に必要な業務を処理する。

(環境プログラムの策定)

第6条 責任者は,統括責任者が実施する事務事業環境調査(事務事業が環境に及ぼす影響に関する調査をいう。)により特に環境に配慮する必要がある事業を選定し,当該選定した事業(以下「重点管理項目」という。)について環境マネジメントプログラム(以下「環境プログラム」という。)の案を策定し,統括責任者を経て,統括者に通知しなければならない。

2 統括者は,環境プログラムの案を市長に対し,市長規程第10条に定める環境評価点検チーム(以下「点検チーム」という。)において意見を聞くことを求め,その意見をもとに承認するか否かを決定するものとする。

3 統括責任者は,統括者が承認した環境プログラムを公表するものとし,公表については市長に依頼するものとする。

(環境プログラムの実施)

第7条 責任者は,前条の規定により統括者の承認を受けた環境プログラムに従い,重点管理項目を実施しなければならない。

(環境プログラムの点検)

第8条 責任者は,統括責任者の指示により環境プログラムの状況を点検し,その結果(以下「実施状況」という。)を統括責任者を経て,統括者に通知しなければならない。

2 統括者は,統括責任者から受けた実施状況を市長に対し,点検チームにおいて意見を聞くことを求め,その意見をもとに承認するか否かを決定するものとする。

3 統括責任者は,統括者が承認した実施状況を公表するものとし,公表については市長に依頼するものとする。

(委任)

第9条 この規程に定めるもののほか必要な事項は,別に定める。

附 則

この訓令は,平成18年8月1日から施行し,平成18年度分の環境マネジメントから適用する。

国分寺市議会が行う環境マネジメントシステムに関する運用規程

平成18年8月1日 議会訓令第2号

(平成18年8月1日施行)