• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > よくある質問 > くらしの情報から探す > 保険・年金・税金 > 固定資産税 > 建物は年々古くなっていくのに評価額が下がらないのはなぜですか。


ここから本文です。

固定資産税 よくある質問

ページ番号 1005489  更新日  令和1年5月1日

質問建物は年々古くなっていくのに評価額が下がらないのはなぜですか。

回答

理由は3つあります。
(1)評価額は3年に1度の基準年度(平成30年、令和3年、令和6年…が基準年度になっています)に見直しを行うため、その翌年と翌々年の評価額は変わりません。
(2)基準年度ごとの評価の見直しでは、家屋の経過年数に応じた経年減点補正率を再建築価格に乗じます。経年減点補正率は20%が下限となっているため、20%に到達すると、それ以降は20%が適用されます。
(3)基準年度ごとの見直しの際には、建築年数の経過のほかに、建築物価の動向も考慮されます。経年減点補正率よりも建築物価の上昇幅が大きかった場合、見直し前の価額よりも見直し後の価額のほうが高くなりますが、その場合は前年度の価額に据え置かれます。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

総務部 課税課 固定資産税係
電話番号:042-325-0111(内線:326) ファクス番号:042-325-1380
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。