• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > よくある質問 > くらしの情報から探す > 保険・年金・税金 > 固定資産税 > 固定資産税が急に高くなったのですがなぜですか。


ここから本文です。

固定資産税 よくある質問

ページ番号 1005493  更新日  平成26年10月30日

質問固定資産税が急に高くなったのですがなぜですか。

回答

家屋:減額適用期間が終了し、本来の税額になったことが考えられます。要件がありますが、住宅の場合は、新築後3年(マンションなど3階建以上の中高層耐火住宅などは5年)、固定資産税額が2分の1に減額されます。平成22年に新築した住宅(平成20年に新築した3階建以上の中高層耐火住宅など)は平成25年度に減額適用期間が終了しております。減額の適用、終了につきましてはお送りしています課税明細書にも記載がありますのでご確認ください。

土地:土地の上に一定の要件を満たす住宅があると「住宅用地に対する課税標準額の特例」が適用されます。住宅の滅失や、駐車場用地への変更、住宅の用途を店舗などに変更した場合、この特例の適用からはずれ税額が上がります。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

総務部 課税課 固定資産税係
電話番号:042-325-0111(内線:326) ファクス番号:042-325-1380
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。