• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > よくある質問 > くらしの情報から探す > 保険・年金・税金 > 住民税 > 当社は事業年度の中途に事務所を市内に設けましたが、法人市民税均等割額の計算方法を教えてください。 


ここから本文です。

住民税 よくある質問

ページ番号 1005451  更新日  平成26年10月4日

質問当社は事業年度の中途に事務所を市内に設けましたが、法人市民税均等割額の計算方法を教えてください。 

回答

均等割額を計算する場合の月数は、その事務所などがその事業年度の期間中において、存在した期間を知ろうとするものです。月数は暦にしたがって計算し、1か月に満たないときは1か月とし、1か月に満たない端数がでたときは切り捨てます。事業年度が4月1日から3月31日までの法人が、市内に新たに事務所などを設けた場合の例をあげます。
(1)7月10日設置の場合 …8か月と22日間ですので端数は切り捨てで、算定期間は8か月分の均等割額となります。
(2)3月15日設置の場合 …17日間で1か月に満たないので、算定期間は1か月分の均等割額となります。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

総務部 課税課 住民税係
電話番号:042-325-0111(内線:327) ファクス番号:042-325-1380
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。