• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > よくある質問 > くらしの情報から探す > 保険・年金・税金 > 税証明書 > 課税証明書と納税証明書のどちらが必要かわからないのですが、違いを教えてください。


ここから本文です。

税証明書 よくある質問

ページ番号 1005540  更新日  令和3年1月21日

質問課税証明書と納税証明書のどちらが必要かわからないのですが、違いを教えてください。

回答

 課税課で発行する「課税証明書」は、住民税(市民税・都民税)に係るもので、前年の所得、控除等および税額が記載されています。収入や所得の額が表示された証明が必要なかたは、「課税証明書」を取ってください。用途としては各種手当などの申請、シルバーパス、都営住宅の入居、扶養認定申請、金融機関からの融資などの添付書類とされることが多いです。

 一方、納税課で発行する「納税証明書」は単に年税額および納付済額ならびに未納額が記載されており、納めた税額を証明するものとなります。納税証明書は、担保権の設定・指名参加願・帰化申請・保証人などの用途があります。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

総務部 課税課 庶務係
電話番号:042-325-0111(内線:324) ファクス番号:042-325-1380
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。