• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > よくある質問 > くらしの情報から探す > くらし > 住宅 > 建ぺい率が緩和される場合があると聞きましたが、どんなケースですか。


ここから本文です。

住宅 よくある質問

ページ番号 1006019  更新日  平成26年9月13日

質問建ぺい率が緩和される場合があると聞きましたが、どんなケースですか。

回答

(1)角地の場合
 敷地が角地にある場合は都市計画で定めた建ぺい率に10%加えることが可能です。ただし、角地であればどこでも緩和されるわけではありません。「特定行政庁の定める角地」と定義されています。詳しくは、建築指導課審査担当までお問い合わせください。
(2)耐火建築物を建てる場合
 商業地域かつ防火地域内で、耐火建築物を建築する場合は、都市計画で定められた建ぺい率に20%を加えることが可能です。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

まちづくり部 建築指導課 審査担当
電話番号:042-325-0111(内線:483・484・485) ファクス番号:042-324-0160
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。