• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 子育て > 子育ての相談はこちらへ > 子ども家庭支援センターぶんちっち(専門職員に相談できます)


ここから本文です。

子ども家庭支援センターぶんちっち(専門職員に相談できます)

ページ番号 1008681  更新日  平成29年10月19日

子ども家庭支援センターぶんちっちの写真

子ども家庭支援センターぶんちっちは,18歳未満の子どもと保護者,プレママ・プレパパ,そして子育てに関わる人のための施設です。

平成29年度市民講演会 11月11日土曜日開催!チラシが完成しました

国分寺市子どもいじめ虐待防止条例施行3周年講演会

平成29年度の講演会テーマは『いじめについて考えよう』です。

いじめ不登校の当事者でもある須永祐慈氏(ストップいじめ!ナビ副代表理事)に講演をお願いします。

須永氏はご自身の体験から数多くの講演や講座で発信を続けていらっしゃる方です。いじめをなくすためにできることは何なのか,一緒に考えてみませんか。 今年は講演会終了後,講師との懇親会も予定しています。詳細は下のチラシをご覧ください。

 

国分寺市子どもいじめ虐待防止条例施行3周年講演会チラシ

子ども家庭支援センターの理念

ハートチャン

わたしたちは,

子どもが人として育つのを願います。
子どもを生み,育てる人を支えます。
みんなで支え合うつながりを広げます。

理念は市民と市とが協働してつくったものです。

子ども家庭支援センターぶんちっちの紹介

児童虐待への対応

国分寺市子ども家庭支援センターは児童虐待通報の連絡先になっており,児童虐待相談に対応できるよう関係各機関と連携をとっています。「様子が気になる子どもがいる」場合などは、子ども家庭支援センターにご連絡ください。また,子育ての不安や悩みなどお気軽にご相談ください。

火~土 午前9時30分~午後5時00分 国分寺市立子ども家庭支援センター 電話:042-572-8138
平日夜間・休日 児童相談所全国共通ダイヤル 電話:189
東京都児童相談センター 電話:03-5937-2330

 
 

オレンジリボンの画像

オレンジリボンは、児童虐待防止を目指すシンボルマークです。

国分寺市子どもいじめ虐待防止条例

平成26年9月1日に,国分寺市子どもいじめ虐待防止条例が施行されました。
この条例は,いじめ及び虐待をなくすための施策を総合的に推進することにより,子どもたちが安心して生活し,健やかに成長することができるまちの実現を目指して,制定されました。


子どものいじめ・虐待を発見した場合や,相談された場合は,子ども家庭支援センターまでご一報ください。


条文の本文と,各条文を詳しく説明した逐条解説を掲載しますのでぜひご覧ください。

総合相談

市内にお住まいの18歳未満のお子さん自身,その保護者や子育てに関わるすべての方からの相談に応じています。お子さんに関わる悩み,子育てに関する心配,不安など専門の相談員が随時お受けしています。来館,電話のどちらでもかまいません。面談は事前に申し込みをすると,お待たせしません。

かるがも相談
お子さんと過ごしていて気になること,心配なこと,気持ちなどを専門職が無料でお受けしています。毎月第4土曜日の午前10時から正午に相談ができます。事前に電話で申し込みをしてください。

助産師と話そう
妊娠中のこと,授乳や育児,赤ちゃんのいる暮らしのことなどの相談を毎月第4火曜日(変更する場合あり)の午前10時から正午に助産師を囲んで話してみませんか。体重測定もできます。受付時間は9時45分から10時45分までとなっています。

 

各種サービス

育児支援家庭訪問事業(育児支援ヘルパー)
親戚や近隣に育児協力者がなく,育児支援を必要とされるご家庭にヘルパーを派遣し,安心した子育てのお手伝いをすることで子どもの健やかな成長を支援する事業です。原則利用対象は母子手帳習得後から退院後90日以内(多胎の場合は満一歳になる日まで)です。
事前に確定した計画に基づき,市と契約した事業者が有資格のヘルパーを派遣します。市ではヘルパーに対し研修を実施しています。
ご利用にあたっては審査がありますので,詳しくはお問い合わせください。
電話番号042-572-8138

ショートステイ 
保護者の疾病,災害や事故,そのほかやむを得ないご事情でお子さんの養育ができないとき,養護施設で短期間お預かりします。詳しくはお問い合わせください。
電話番号042-572-8138

ひとり親家庭ホームヘルプサービス
日常生活に支援をきたしていると認められるひとり親にたいして,一定期間ヘルパーを派遣し,育児や家事のお手伝いをします。
ホームヘルパー派遣にあたっては,対象家庭の要件や所得による費用負担が異なりますのでお問い合わせください。
電話番号042-572-8138

西部地区拠点親子ひろば「ぶんちっちひろば」

子ども(おもに0歳から3歳まで)と保護者,プレママ・プレパパが一緒に安心して過ごすことのできる場所です。
地域子育て支援拠点として,親子の交流の場や地域の子育て関連情報の提供,子育て支援の講習会,地域支援活動の実施などにも取り組んでいます。
常時職員がいますので育児の相談など気軽に話すこともできます。
また,飲食もできますが,誤飲を避けるために場所を決めています。

親子スペースの様子

年度の最初に親子ひろばをご利用のときに,利用者登録をしていただいています。
ご理解とご協力をお願いします。2回目より登録カードをお持ちいただき,親子ひろば利用表への記入のみでご利用いただけます。
就学前のお子さんのみでの利用やお子さんを預けての外出はできません。

地域活動室

子ども家庭支援センターぶんちっちの2階には,オーブンや調理器具がそろっている部屋があります。
センター主催の講習会などで使用するほか,子どもと家庭に関わるグループでご利用できます。予約はできませんが,空き状況の確認はできます。貸切ではなく,あくまで利用者の皆さんで共有してご利用ください。
ただし,急なセンター主催事業が入った場合は,使用をお断りすることもあります。親子ひろばと同様に,就学前のお子さんのみでの利用やお子さんを預けての外出はできません。
利用する際はセンターにて利用票の記入をお願いしています。
詳しくはお問い合わせください。

たまりばっ!!

たまりばっ!!
ぶんちっちの開館時間に利用できます

子ども家庭支援センターぶんちっち敷地内のプレハブを開放しています。
小中高生歓迎です。宿題をしたり本を読んだり,ちょっと寝っ転がってみたりと自由に利用できます。

赤ちゃん用品,おもちゃなどの「リサイクルコーナー」もあります。

国分寺市立子ども家庭支援センター運営協議会

子ども家庭支援センターは,18歳未満の子どもと保護者,プレママ・プレパパ,そして子育てに関わるかたのために,総合相談ができる施設として,平成13年4月に開設しました。また,地域の拠点親子ひろばとして西部地区拠点親子ひろば「ぶんちっちひろば」を開設している施設です。

センターのありかたを確認し,適切な事業運営等を進めるため,第三者委員で組織される「国分寺市立子ども家庭支援センター運営協議会」があります。

下記に第7期答申,第8期諮問 第8期運営協議会の議事録を掲載いたします。

次回第8期第8回運営協議会は,平成29年11月18日(土曜日) 午前10時より子ども家庭支援センターで開催されます。 運営協議会は傍聴できます。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページが参考になったかをお聞かせください。

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 子育て相談室 子ども家庭支援センター地域担当
電話番号:042-572-8138 ファクス番号:042-572-0481
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。