• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 子育て・若者支援 > そのほか > 11月は児童虐待防止推進月間です


ここから本文です。

11月は児童虐待防止推進月間です

ページ番号 1019507  更新日  平成30年11月1日

児童虐待は社会全体で取り組むべき課題です

11月は児童虐待防止推進月間

 児童虐待に関する相談件数は全国的に増加してます。特に子どもの生命が奪われるなど重大な事件も後を絶たない状況において、児童虐待問題は社会全体で解決すべき重要な課題となっています。
 こうした状況を踏まえ、平成16年度から児童虐待の防止等に関する法律が施行された11月を「児童虐待防止推進月間」と位置付け、児童虐待問題に対する社会的関心の喚起を図るため、児童虐待防止のための広報・啓発等の各種の取り組みを全国的に実施しています。

児童虐待とは

身体的虐待 殴る、蹴る、叩く、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせるなど
ネグレクト 家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かないなど
性的虐待 子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィーの被写体にするなど
心理的虐待 言葉での脅し、無視、兄弟姉妹間での差別的な扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力を振るう(DV)など

家族間の葛藤や地域からの孤立など、社会的要因が背景にあるといわれています。子どもたちが健やかに育つためには、周囲の温かい支えが必要です。

児童相談所全国共通3桁ダイヤル189(いちはやく)

虐待かもと思った時などに相談できる全国共通の電話番号です。

子どもや保護者のこんなサインを見落としていませんか

子ども
・いつも子どもの泣き叫ぶ声や保護者の怒鳴り声がする
・不自然な傷や打撲の痕がある
・衣類や体がいつも汚れている
・表情が乏しい、活気がない
・夜遅くまで一人で遊んでいる
保護者
・地域などと交流が少なく孤立している
・小さい子どもを少なく孤立している
・子どもが養育に関して拒否的・無関心
・子どものけがに対して不自然な説明をする

虐待かもと思ったら、子ども家庭支援センターぶんちっちや民生委員、児童相談所や上記189へ

通告先

子ども家庭支援センターぶんちっち〈火曜日から土曜日の午前8時30分から午後5時00分まで〉
電話042-572-8138
閉館時
小平児童相談所:042-467-3711
児童相談所全国共通ダイヤル:189
命に関わる危険がある場合は警察:110

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 子育て相談室 子ども家庭支援センター相談担当
電話番号:042-572-8138 ファクス番号:042-572-0481
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。