• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 子育て・若者支援 > そのほか > 体罰などによらない子育て


ここから本文です。

体罰などによらない子育て

ページ番号 1021934  更新日  令和1年11月14日

体罰を禁止する東京都の条例が施行されました

平成31年4月「東京都子供への虐待の防止等に関する条例」が施行され、保護者によるしつけと称する体罰が禁止されました。
 

体罰などによらない子育てをしましょう

叩いたり、どなったりすることは、子どもに深刻な影響をおよぼします。

(1)子どもへの体罰は、脳の発達に深刻な影響をおよぼすという研究結果が報告されています。
(2)3歳半までに叩かれた子どもは、5歳半の時に問題行動を起こすリスクが高まります。
(3)親に恐怖心を持ち、相談も出来ず、いじめや非行に発展したり、巻き込まれる可能性があります。

叩く、どなるは
・子どもの健やかな成長・発達を阻害する可能性があります。
・子どもの権利を侵害します。子どもには暴力などから守られる権利が保障されています。

下記添付ファイル「体罰などによらない子育てハンドブック」をご覧ください。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 子育て相談室 子ども家庭支援センター相談担当
電話番号:042-572-8138 ファクス番号:042-572-0481
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。