• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 就職・産業 > 農業振興 > 農業体験 > 自分で耕す「市民農園」


ここから本文です。

自分で耕す「市民農園」

ページ番号 1002119  更新日  平成30年9月20日

市民農園とは

 市では、市民の皆さんに野菜の栽培を通じて土に親しみながら生産・収穫の喜びを味わっていただき、より豊かな余暇生活を実現するために、市内5ヶ所で市民農園を開設しています。

 農園名  所在地  利用期間

 面積

(平方メートル)

区画数  使用料
 西恋ヶ窪  西恋ヶ窪1-18-6

 奇数年4月から

翌々年1月末

 

 

 

 

 

 16(注釈1)

126

 

 

 

 

 

 8,800円(注釈2)

 戸倉  戸倉3-7-2

 奇数年4月から

翌々年1月末

 79
 東元町  東元町2-17地内

 奇数年4月から

翌々年1月末

75
 光町

 光町2-14-1

 奇数年4月から

翌々年1月末

 51
 西国分寺駅前  西恋ヶ窪2-19-6

 偶数年4月から

翌々年1月末

126

(注釈1)平成27年度から西恋ヶ窪・東元町市民農園の1区画あたりの面積を20平方メートルから16平方メートルに減じたことにより、各農園の区画面積が同じになりました。

(注釈2)上記注釈1による使用料の変更で、各農園の使用料が同じになりました。

使用期間

 市民農園の使用期間は4月から翌々年の1月末までの22か月です。募集は年に一度で、1月の市報にて申請受付けのご案内をしており、途中での申込みは一切受付けておりません。申請多数の場合は公開抽選となり、辞退のあった区画は補欠当選のかたに順次繰り上げとなります。

使用者資格

市内に住所を有する方。複数の市民農園の申請や同じ市民農園を3回連続して使用することはできません。また、この他にも要件があります。詳しくは募集時のご案内(1月の市報またはページ内リンク「市民農園使用者の募集について」)をご覧ください。

使用区画

住民基本台帳上の同一世帯につき、1区画のみ使用できます。複数区画や複数農園の使用はできません。

使用時間

 日の出から日没まで

返還方法

市外に転出したときや,その他の理由で市民農園の利用をやめるときは,所定の様式(国分寺市立市民農園使用辞退届)にご記入のうえ,「使用承認書」「使用者証」を同封し経済課まで届け出てください。

この場合,使用承認区画について作物・資材等を撤去し,使用前と同様の何もない状態にして返還してください。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 経済課 農業振興係
電話番号:042-325-0111(内線:394) ファクス番号:042-325-1380
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。