• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 文化・歴史・平和 > 平和・人権 > 平和への取り組みと憲法記念行事


ここから本文です。

平和への取り組みと憲法記念行事

ページ番号 1002777  更新日  平成30年11月1日

恒久平和を祈念して

 市では、昭和59年8月6日「非核平和都市宣言」を行ないました。過去に多くの人が犠牲となった戦争を二度と繰り返さないことを堅く誓い、後世に伝えていくとともに、恒久平和を目指しています。

主な平和事業

 市では、年間を通じて次のような平和事業を行なっています。

原爆パネル展示、折り鶴募集

千羽鶴の写真

原爆の恐ろしさを伝え、平和について考えていただくために、毎年7月から8月に、市内の施設を利用し、原爆パネル展を行なっています。また、平和への祈りをこめた折り鶴を募集し、ピースメッセンジャーが広島へ届けています。

平和祈念式

平成21年度平和祈念式

毎年8月15日(戦没者を追悼し平和を祈念する日)に市役所に設置した「平和の灯」の前で、戦没者の方を追悼し、献花・黙とうを捧げます。

ピースメッセンジャーの広島派遣

原爆ドーム

 平和の尊さを学び、そして伝えるピースメッセンジャーを、毎年6月に市内在住の小学5年生、6年生および中学1年生、2年生を対象に募集しています。ピースメッセンジャーは、8月6日の広島市平和記念式典に参加し、広島平和記念資料館や平和記念公園を訪れ、原爆の悲惨さや平和の大切さを体感しています。また、平和祈念行事では、広島で感じたことを参加者へ伝えています。

平和祈念行事

平和祈念行事の会場写真

 毎年8月、いずみホールで行う市民参加による平和の催しです。平和の担い手である多くの子どもと共に平和への願いを伝えています。
 Aホールでは、ピースメッセンジャーの報告のほか、歌や演奏、朗読を行ない、ロビーやBホールでは原爆パネルや作文、メッセージなどを展示しています。

語り部による講話(被爆体験)

語り部のお話

 被爆体験者のかたから、自身の体験談や原爆に関わる話を聞きます。主に子どもを対象として、児童館・学童保育所で実施しています。

戦争体験談集の発行

戦争体験談集表紙

 「過去の悲惨な体験を繰り返すことのないよう、戦争体験を次世代の人びとに伝えたい」との市からの呼びかけに、市民の皆さんから多くの体験談などをお寄せいただきました。この体験談集には、日常や常識を一変させてしまう戦争の恐ろしさや、現在では当たり前のような存在と考えられがちな平和であることの大切さ、平和への願いがあふれています。
 体験談集は、市内の各図書館やオープナーに配架しています。また、多くの体験談中のご本人と同世代である子どもたちに読んでいただくために、各市立学校にもおいてあります。

戦争体験映像記録「語り継ぐ戦争の記憶 ~平和への願いを込めて~」

戦争体験映像記録ジャケット

 昭和20(1945)年8月15日、多くの人々の命を奪った戦争が終わり、それから長い年月が経ちました。
 戦争を体験された方々は高齢になり、戦争中に体験されたお話しを直接聞く機会も少なくなっています。
 国分寺市では戦争で起こった事実を風化させることなく、また、再び悲惨な戦争を繰り返すことがないよう、次の世代へ語り継ぎ、平和への意識を持ち続けていただくことを目的に、市内在住の戦争体験者4人の方の体験談等を収録した映像記録を作成しました。
 映像記録は、市内の各図書館や男女平等推進センター図書資料室(ひかりプラザ内)で配架しています。

核兵器の廃絶にむけて

 国内外の都市と連携を図り、「非核平和都市宣言」の趣旨である核兵器の廃絶と世界の恒久平和の実現を進めるため、平和首長会議および日本非核宣言自治体協議会へ加入しています。

憲法記念行事のお知らせ

第47回 国分寺市憲法記念行事  「働く幸せ実現のために社員から教わったこと」 (終了しました)

  第47回を迎える今年は、知的障害者の雇用割合が7割を超え,その取組みが「報道ステーション(テレビ朝日・ANN系列)」や「カンブリア宮殿(テレビ東京系列)」など数多くメディアで紹介されている会社の社長を講師に迎え,障害者雇用を始めたきっかけや社員から学んだこと,共に働く喜びなどについて伺います。

日 時: 平成30年5月12日(土曜日)  午後2時から4時まで
会 場: 国分寺市立cocobunjiプラザ リオンホール
講 師: 大山 隆久さん(チョーク等製造会社社長)

非核平和都市宣言30周年記念事業を実施しました(平成26年度)

 平成26年度は、国分寺市が非核平和都市宣言をしてから、30年の節目の年でした。これを記念して、市民の皆さんの参加のもと、多様な平和事業を行ないました。ご協力ありがとうございました。

東京都は東京空襲犠牲者名簿を作成しています

  ~お心当たりの方はお申し出ください~

 第二次世界大戦で、東京は昭和17年4月18日の初空襲から終戦当日の昭和20年8月15日に至るまで、度重なる空襲により甚大な被害を受け、多くの都民が犠牲になりました。
 東京都では、東京空襲で犠牲となった方々を追悼し平和を願うため「東京空襲犠牲者名簿」を作成しています。
 名簿への登載は、遺族及び関係者からの申し出に基づいて行われます。お心当たりのある方は、東京都へお問い合わせください。

《問い合わせ先》
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1
東京都生活文化局文化振興部文化事業課 東京空襲犠牲者名簿担当
【電話】 03-5388-3141     【ファクス】 03-5388-1327  

東京都は「東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑」の花壇デザイン画を募集しています

 東京都では、都内在住・在学の児童・生徒を対象に、「東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑」(墨田区:都立横網町公園内)の花壇デザイン画を募集しています。 応募作品の中から優秀賞に選ばれた4点のデザイン画は、来年度の春・夏・秋・冬の花壇デザインに採用されます。
 詳細については、以下のリンク先の東京都生活文化局ホームページをご覧ください。

《問い合わせ先》
東京都生活文化局文化振興部文化事業課記念行事担当
【電話】 03-5388-3141

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 人権平和課 人権平和担当
電話番号:042-573-4378 ファクス番号:042-573-4388
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。