• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 妊娠・出産 > 妊娠・出産 > 新生児聴覚検査について


ここから本文です。

新生児聴覚検査について

ページ番号 1020267  更新日  平成31年4月2日

新生児聴覚検査受診費助成について

新生児聴覚検査受診費助成について

平成31年4月1日より,新生児聴覚検査費の一部費用が助成されます。

 

【対象】平成31年4月1日以降にお生まれになった赤ちゃん(母が国分寺市に住民登録のある方)

    (注釈) 注意 平成31年3月31日以前にお生まれになった赤ちゃんは対象ではありません。

 

【受診票の利用時期】生後1か月頃までにご利用ください。(受診票の有効期限は生後50日に達する日までです)

 

【公費負担について】上限3,000円

          ご自身でご負担いただく金額は医療機関によって異なります。

          各医療機関にお問い合わせください。

         (例)3,000円以内の場合・・・ご自身の負担額はありません。

            3,000円を超える場合・・・超過分は自費となります。

 

【受診票の利用方法(公費一部助成の受け方)】

  医療機関へ直接ご持参ください。上記【公費負担について】のとおり助成を受けることができます。

  (注釈)受診票は,妊娠届出時にお渡しする「母と子の保健バッグ」の中に入っています。

 

多くの場合,出産後,赤ちゃんが入院中に新生児聴覚検査は行われます。入院時には必ず持参されるようお願いいたします。また,受診票を持参する詳細時期については各医療機関(出産される医療機関)へお問い合わせください。

平成31年3月31日までに国分寺市で妊娠届を提出された方へ

 平成31年3月31日までに国分寺市で妊娠届を提出された方のうち、本事業対象児の可能性のある方に対して,平成31年4月1日以降(現在国分寺市に住民票のある方に限る)ご自宅に新生児聴覚検査受診票を送付いたします。ご確認ください。

~里帰り(都外)や助産所での出産のため新生児聴覚検査受診票を使用できなかった方へ~

 新生児聴覚検査受診票は,都外の病院や助産所では使用できません。(都内の医療機関であればそのまま受診票を使うことができます)そのため,受診票を使用せずに自己負担で新生児聴覚検査を実施された方に,後日,助成金を交付する制度があります。都外の里帰り先で妊婦健康診査を受けられた場合の助成金申請(里帰り等妊婦健康診査等受診費助成金)と同時に手続きすることができますので,未使用の受診票をお持ちのうえ,健康推進課窓口(いずみプラザ1階、国分寺市役所第2庁舎)までお越しください。

 受診票を紛失された場合は,制度を利用することができません。紛失されないようご注意ください。

 申請方法はこちらです

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

健康部 健康推進課 地域保健係
電話番号:042-321-1801 ファクス番号:042-320-1181
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。