• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 妊娠・出産 > 手当・医療 > 医療費 > 未熟児の養育医療給付制度


ここから本文です。

未熟児の養育医療給付制度

ページ番号 1001495  更新日  平成28年7月1日

概要

この制度は、国分寺市に住民登録のある新生児で、東京都指定医療機関での入院養育を必要と医師が認めた方に医療給付を行うものです。申請書類を審査し,本制度の適用が認定されると医療券が交付されます。指定医療機関の窓口に医療券と健康保険証を提示することで、入院期間中の医療給付を受けることができます。

【受付窓口】

健康推進課 (いずみプラザ1階) 国分寺市泉町2-3-8 受付日時 平日午前8時30分~午後5時

(注釈)市役所第2庁舎1階の健康推進課窓口では受付できません。

申請をご希望の方は,事前にお電話でいずみプラザ健康推進課(042-321-1801)へお問い合わせください。

対象者

国分寺市に住民登録のある新生児で、出生時体重2,000グラム以下、または2,000グラムを超える場合でも生活力が特に弱く、医師が指定医療機関での入院養育を必要と認めた1才未満の乳児。

自己負担金について

所得税額に応じて一部自己負担があります。ただし、自己負担金については、乳幼児医療費助成制度(マル乳)で一部または全部をお支払いできる場合があります。

指定医療機関

東京都が指定した医療機関に入院している場合のみ給付対象となります。都外の指定医療機関についてはお問い合わせください。

下記外部リンクは東京都福祉保健局のページになります。当該ページ内下段に指定医療機関のファイルがありますのでご参照ください。

申請の流れ

  1. 健康推進課(042-321-1801)へお問い合わせいただき、申請の要件を満たすかご確認ください。申請書類はいずみプラザ1階健康推進課でお渡しします。
  2. 以下の必要書類をご準備いただき、いずみプラザ1階健康推進課へお越しください。
     (1)申請書
     (2)主治医の意見書
     (3)世帯調書
     (4)所得税が課せられている方全員の所得税額証明書[源泉徴収票,住民税課税(非課税)証明書または確定申告書]
     (5)健康保険証
  3. 申請書類を審査のうえ、認定された方に後日医療券を郵送します。(注釈)医療券交付までは申請から2週間程度かかります。

【お知らせ】養育医療における乳幼児医療費助成制度(マル乳)の取り扱いの変更について

東京都からの通知により,平成27年10月診療分から養育医療で食事代を優先して助成することに変更となりました。今後は,原則自己負担金の内訳はすべて医療費となり食事代は含みません。その場合,自己負担金については乳幼児医療費助成制度(マル乳)により全額助成となり,お客様のご負担は原則なくなります。

変更の詳細は,健康推進課までお問い合わせください。

 

お問い合わせ

いずみプラザ(国分寺市泉町2-3-8)1階 健康推進課  電話 042-321-1801

(注釈)市役所第2庁舎1階の健康推進課窓口では養育医療についてのお問い合わせは承れません。

このページが参考になったかをお聞かせください。

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 健康推進課 健康推進担当
電話番号:042-321-1801 ファクス番号:042-320-1181
〒185-0024  国分寺市泉町2-3-8 いずみプラザ1階
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。