• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > 市政情報 > 会議 > 国分寺市地域福祉推進協議会 > 国分寺市地域福祉推進協議会委員の取り組み > 第6回 安東周二郎委員(国分寺青年会議所総務委員長)


ここから本文です。

第6回 安東周二郎委員(国分寺青年会議所総務委員長)

ページ番号 1018977  更新日  平成30年12月6日

国分寺を笑顔が増え、人が集まる素敵なまちへ

たまりばたけ
たまりばたけ みんなで野菜を育てます

今回は、国分寺青年会議所総務委員長の安東周二郎委員に、お話を伺いました。

活動を始めたきっかけは何ですか

市内で飲食店を経営していてお客さんからも勧められたことがきっかけで、地域の方と仲良くなって何かしたい、異業種の人脈を作りたいという思いで国分寺青年会議所に入会しました。青年会議所では、明るい豊かな社会の実現を目指した運動を続けており、入会がきっかけで地域のことを考え、活動するようになりました。

やってみた感想を教えてください

青年会議所は地域への思いのある人が集まり、一緒にまちを盛り上げる活動ができるので入会して良かったと思います。国分寺まつり・万葉花まつり・ぶんじハロウィンなど楽しいイベントを作り上げる一員になれることも嬉しいです。ぶんじグローバルフォーラム&フェスタは3年目を迎え、多文化共生や国際交流のきっかけの場となっています。今年は、グルメに遊び、フォーラムも取り入れ9月8日(土曜日)に開催します。
また、青年会議所から始まった小・中学生の主権者意識の醸成をする「みらいく」は、今年から青年会議所OB・メンバー、東京経済大学の学生、市民で実行委員会を作り、活動が広がっています。一切妥協せず、熱く議論し、常に本気で活動に取り組む青年会議所のみんなの姿に刺激を受け、自身の新たな気づきや成長にもつながっています。

地域福祉を進める上で大切だと思うことを教えてください

ご高齢のお客さんが1人で来店されることも多く、地域での居場所づくりや異世代交流を通してコミュニティを作ることが大切だと感じています。子どもを地域全体で見守り育てたいとも感じます。去年は、農家のご協力で小学生からお年寄りまで集まり野菜を育てる「たまりばたけ」を開催し、「子どもと育つ地域の作り方」に関して多くの関係者と共有するきっかけになりました。
これからも国分寺をみんなで「笑顔が増え、人が集まる素敵なまち」にするため活動していきたいです。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

健康部 地域共生推進課 地域づくり担当
電話番号:042-325-0111(内線:566) ファクス番号:042-325-9026
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。