現在位置:  ホーム > よくある質問 > くらしの情報から探す > 健康・福祉 > 手当・助成 > 障害をもった児童の保護者への手当にはどのようなものがありますか。


手当・助成 よくある質問

ページ番号 1005780
更新日  平成26年10月4日

質問障害をもった児童の保護者への手当にはどのようなものがありますか。

回答

障害をおもちのお子さんがいらっしゃる保護者に対する手当には、
(1)特別児童扶養手当(国の制度)
(2)児童育成手当の障害手当(都の制度)および
(3)心身障害児童福祉手当(市の制度) があります。
さらに重い障害があるお子さんに対しては、
(4)障害児福祉手当(国)
(5)重度心身障害者手当(都) があります。
これらの手当は、心身障害児童福祉手当を除き、いずれも保護者などの所得による支給制限があり、手当によっては施設に入所しているときや公的年金を受けている場合には支給されないものもあります。なお、心身障害児童福祉手当は児童育成手当の障害手当との併給制限があります。
詳しくは下記リンク先をご覧ください。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 子ども子育てサービス課 手当助成担当
電話番号:042-325-0111(内線:378,384) ファクス番号:042-359-3354
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。