現在位置:  ホーム > よくある質問 > くらしの情報から探す > 関連団体・施設 > 清掃センター > 家庭から出されたもやせるごみは、どのように処理されているのですか。


清掃センター よくある質問

ページ番号 1006613
更新日  令和2年7月28日

質問家庭から出されたもやせるごみは、どのように処理されているのですか。

回答

 令和2年4月1日より日野市及び小金井市との共同処理を開始しました。それに伴い、市内で出されたもやせるごみは、日野市にある浅川清流環境組合の可燃ごみ処理施設に運搬し、中間処理(焼却)をしています。
 新可燃ごみ処理施設で中間処理された「焼却灰(もやせるごみを焼却し残った灰)」は、日の出町にある東京たま広域資源循環組合のエコセメント化施設で再資源化をしています。エコセメントは、土木・建築工事やコンクリート製品などで使われ、市内でも道路や下水道の工事に利用しています。以前、本市を含む多摩地域の多くの自治体は、「焼却灰」をエコセメント化施設と同じ敷地内にある二ツ塚処分場に全て埋め立てていました。しかし、最終処分場の埋め立て容量には限界があり、埋め立てを続けると平成25年度には満杯となるひっ迫した状況であり、多摩地域に新たな最終処分場の建設用地を確保することが困難であることから、「焼却灰」を埋め立てず、エコセメントとして再生利用することで、二ツ塚処分場を大幅に延命することが可能となりました。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

建設環境部 環境対策課 清掃施設係
電話番号:042-300-5300 ファクス番号:042-326-4915
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。