• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > よくある質問 > くらしの情報から探す > 健康・福祉 > 手当・助成 > 精神の病気になり仕事ができなくなり、やめました。金銭的に困っているので、障害基礎年金の申請をしようとしたら、1年6か月経過しないと申請できないと言われたのですが、ほかに何か制度はありませんか。


ここから本文です。

手当・助成 よくある質問

ページ番号 1005774  更新日  平成26年10月10日

質問精神の病気になり仕事ができなくなり、やめました。金銭的に困っているので、障害基礎年金の申請をしようとしたら、1年6か月経過しないと申請できないと言われたのですが、ほかに何か制度はありませんか。

回答

傷病手当金という制度があります。健康保険組合に加入しているかたが、療養のため仕事ができなくなった日から起算して3日を経過した日から仕事ができない期間、傷病手当金として標準日額の3分の2を支給されます。
解雇されて被保険者の資格を喪失しても傷病発生時に被保険者であれば請求できます。請求期限、併給制限などがありますので、詳しくは加入されている健康保険の窓口または社会保険事務所へお問い合わせください。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

福祉部 障害福祉課 相談支援係
電話番号:042-325-0111(内線:532) ファクス番号:042-324-6831
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。