• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 都市整備・交通 > 上下水道 > ディスポーザの使用


ここから本文です。

ディスポーザの使用

ページ番号 1002333  更新日  平成26年9月15日

ディスポーザの使用の規制

 市では平成14年5月1日からディスポーザ取り付け、使用について、一部機種の使用規制をしています。
  ディスポーザとは、台所から出る生ごみなどを破砕し、破砕した生ごみを汚水とともに下水道に流すことによって処理をする器具のことをいいます。この排水には固形物も含まれているため、下水道管の詰まりの原因になり、また水の汚濁負担が増大することから、多摩川など公共用水域の水環境悪化の原因にもつながります。そのため使用しないよう規制しました。

 ディスポーザで破砕した生ごみ排水を下水道に流す前に、処理槽で固形物を分離させ、水質を浄化、改善させることができるディスポーザ排水処理システムについては、一定の条件を満たしたものに限り使用できます。
 条件を満たしたディスポーザ排水処理システムを設置する場合は、下水道指定工事店に依頼して申請をしてください。設置後には適切な維持管理が必要になります。

使用規制前に取り付けたディスポーザ

 平成14年5月1日に前に使用規制の機種を取り付けているディスポーザは、当分の間、規制の対象外となりますが、ディスポーザの取替えや修理などはできませんので、その際は各自で取り外して下さい。

このページが参考になったかをお聞かせください。

このページに関するお問い合わせ

建設環境部 下水道課 下水道係
電話番号:042-325-0111(内線:438・479) ファクス番号:042-324-0160
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。