• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 健康 > 食に関する情報 > 乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドラインについて


ここから本文です。

乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドラインについて

ページ番号 1001993  更新日  平成26年9月18日

 このガイドラインはWHO(世界保健機関)及びFAO(国連食糧農業機関)が共同で作成したものです。
 乳児用調製粉乳は、滅菌された製品ではありません。
そのため、乳児用調製粉乳中において最も懸念される病原菌であるエンテロバクター・サカザキ菌が死滅する70度以上のお湯で調乳することを規定しています。
  お湯の温度が高いので調乳する時にやけどをしないように注意すること、また飲ませる時に適温まで流水などでさましてからあげるようにします。
  詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。
 

このページが参考になったかをお聞かせください。

このページに関するお問い合わせ

福祉保健部 健康推進課 健康推進担当
電話番号:042-321-1801 ファクス番号:042-320-1181
〒185-0024  国分寺市泉町2-3-8 いずみプラザ1階
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。