こどもの発達センターつくしんぼ(専門の職員に相談できます)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号 1009126  更新日  令和4年6月22日

つくしんぼ施設の外観写真

 

こどもの発達センターつくしんぼでは、国分寺市在住で18歳未満の心身の発達に心配のある子どもや、発達に遅れのある子どもとその保護者を対象に、どの子も家庭や地域で健やかに育つよう、関係機関と連携しながら、子どもの発達や子育てに関する総合的な支援を行います。

個別相談と併せて親子の遊びの教室や通園教室、集団指導など多彩な支援活動を行います。

施設案内

施設の感染症対策とご来館の際のお願い

こどもの発達センターつくしんぼは、新型コロナウイルス感染症対策を講じながら運営を行っています。
利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。
なお、新型コロナウイルス感染症の状況により、今後運営内容を変更する場合があります。

  • 新型コロナウイルス感染症対策の一環として、ご来館の方にはマスクの着用(大人・学齢以上)、体調の確認及び手指消毒をお願いしています。
  • 施設の利用につきましては以下の留意事項をご確認いただき、ご利用ください。

こんなことで悩んでいませんか?

  • かんしゃくが多い
  • じっとしているのが苦手
  • 気持ちの切り替えが苦手
  • なかなか歩いてくれない、運動の発達がゆっくり
  • 言葉が遅い、発音に課題がある
  • 生活習慣がなかなか身につかない
  • お友達とのトラブルが多い
  • 落ち着きがなく集中できない
  • 学習や読み書きに心配がある
  • なんとなく育てにくさを感じる

    その他、子どもの発達に関する悩みや不安など、お気軽にご相談ください。
    ご相談は無料です。ご相談の内容については、守秘義務があり、これを遵守します。
    発達相談受付電話
    電話番号 042-325-0070
    受付時間 月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時(祝日年末年始を除く)

     

こどもの発達センターつくしんぼ ご利用の流れ

(1)問い合わせ・申込み
保護者もしくは子ども本人から、電話で申込みいただき、初回相談の日程調整を行います。
発達相談受付電話:042-325-0070

(2)初回相談
保健師が成育歴やお困りの様子などを伺い、心理士が遊びながら子どもの様子を見ます。支援の方向を一緒に考えていきます。

(3)利用開始
心理相談を軸に、子どもの発達状況などにより、利用形態を保護者の方と考えていきます。

つくしんぼ施設内相談室の写真

こどもの発達センターつくしんぼ 事業内容

発達相談

発達相談の種類・概要
心理相談 心理士・保健師との面談により、発達経過を一緒に見守ります。
専門相談 医療、言語、運動機能、摂食、不適応などに対して、医師、言語聴覚士、作業療法士、理学療法士、教育学博士、歯科医師などの専門職による相談が受けられます。(医療相談・言語相談・作業療法・理学療法・感覚統合・発達相談・摂食相談)
就学前相談 当施設を利用する年中・年長児を対象に、就学に向けての情報提供を行います。個別面談の経過、在籍園への訪問支援や集団活動の状況をもとに就学先に引き継ぎを行います。

 

つくしんぼ施設内訓練室の写真

外来グループ

教室の種類・概要

教室名称

教室概要

活動内容

親子の遊びの教室

0歳から就学前の運動発達や言葉の発達がゆっくりな子ども、集団活動が苦手な子どもを対象とした、親子の遊びの教室です。
こじかグループ/こぐまグループ/たんぽぽグループがあります。
心理相談で子どもの様子を把握し、保護者と相談しながら、グループを決めます。

自由遊び/見る聞く活動(ペープサート・パネルシアターなど)/親子での課題遊び/親子での手遊び・身体遊び/リズム運動など
集団指導教室 3歳から就学前の運動発達や言葉の発達がゆっくりな子ども、集団活動が苦手な子どもを対象とした、親子分離のグループです。 設定遊び/集会/見通し学習/ゲーム/製作など

つくしんぼ施設内中プレイルームの写真

訪問支援事業

子どもが集団生活に適応し、楽しく過ごせるよう、専門分野の職員が在籍園や在籍校などを訪問し、担任の先生などと子どもに対する関わり方や環境調整の仕方などを一緒に検討します。

関係機関紹介・連携

18歳未満の子どもを対象に、関係機関の紹介や、関係機関との連携を図りながら、子どもの成長発達を支えていきます。

通園教室[児童発達支援事業] 電話:042-323-7912

 発達に遅れやつまずきのある2歳から5歳児を対象に、わかりやすく整理されたプログラムや環境設定の中で、集団での活動・遊びを通じ、社会生活の基礎となる力(主に、情緒の安定・コミュニケーション力・基本的生活習慣の確立・健康な身体作り)を育てていきます。人と関わる楽しさや表現する意欲を大事にしています。
 各職員が専門の視点を活かしつつ、ご家庭や関係機関と連携をとりながら、個別支援計画を作成し、それに基づいて発達を促す支援を行います。
(注釈)通園教室は、児童福祉法に基づく児童発達支援事業です。利用の際は市(障害福祉課)が発行する通所受給者証が必要となります。

対象 : 2歳から5歳児で通所受給者証が発行されているかた(別途入園申請が必要)
定員 : 20人
利用日 : 月曜日から金曜日(週5日) 午前10時から午後2時 (送迎バス有)
利用料 : 有料(所得に応じて自己負担が生じる場合があります)。ただし、児童発達支援の利用者負担無償化に伴い、児童が満3歳に達した最初の4月1日より3年間は利用料が無償となります。(注釈)別途療育行事における飲食代(実費)等の費用を徴収することがあります。

<活動内容>
基礎遊び/集団遊び/朝の集会/パネルシアター/見通し学習/リズム運動/机上課題学習/戸外歩行訓練/弁当/自由遊び/帰りの集会 など

<その他の主な支援>
個別面談/保護者会/家族参加行事/兄弟姉妹の会/就学移行時の支援/卒園児懇談会

つくしんぼ内プレイルームの写真

<令和3年度 児童発達支援評価表>

保護者の方に評価をしていただき、また、事業者自身も評価をしました。

地域支援

保育園・幼稚園・学校・教育委員会などの関係機関を対象に、 研修会の開催/講師派遣/通園教室での実習受入れなどを行い、連携を図っていきます。

相談支援事業

児童発達支援や放課後等デイサービスを利用するための障害児支援利用計画を作成します。
(注釈)サービスの利用申込みについては、障害福祉課へご連絡ください。
(注釈)東京都医療的ケア児コーディネーター養成研修を修了した相談支援専門員1名を配置しています。

対象 : 国分寺市在住の18歳未満で、障害児支援利用計画の作成が必要なかた
利用料:自己負担はありません

PDF形式のファイルをご利用するためには、「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

子ども家庭部 子育て相談室 こどもの発達センターつくしんぼ担当
電話番号:042-323-7912 ファクス番号:042-323-7912
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。