現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 保険・年金・税金 > 税金 > 住民税 > 台風や大雪などで住宅家財などを損壊されたかたへ


台風や大雪などで住宅家財などを損壊されたかたへ

ページ番号 1000892
更新日  令和2年2月20日

台風や大雪などで住宅家財などを損壊したかたは、所得税の確定申告、または市民税・都民税(住民税)の申告で雑損控除を受けられる場合があります。申告には次のものが必要です。

【申告に必要なもの】

 ・被災証明書(防災安全課で発行。詳しくは下記リンク先をご参照ください。)

 ・保険金・損害賠償金などで補てんされた金額が分かるもの

 ・修繕費用の分かる領収書

 ・被害のわかるもの(被害状況写真など)


【雑損控除額の算出方法】
(1)、(2)のうちいずれか多い方の金額

 (1)(損失額 - 保険金などによる補てん額) - (総所得金額等の合計額)×10%
 (2)災害関連支出の金額 - 5万円

(注釈1)災害関連支出とは、災害などに付随する支出のことをいい、住宅の取壊し、または除去のための支出なども損失額と認められます。

(注釈2)災害関連支出の金額は、保険金などで補てんされた金額を引いた後の金額です。
 

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

総務部 課税課 住民税係
電話番号:042-325-0111(内線:327) ファクス番号:042-325-1380
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。