感染症による出席停止について(令和2年11月20日からインフルエンザ登校許可証明書が追加されます)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号 1024674  更新日  令和3年1月23日

 児童・生徒が学校保健安全法に規定されている感染症に罹患、あるいは、罹患している疑いがある場合は、医師の診断のもとに当該児童・生徒に対して一定の期間、出席を停止させることになっており、出席停止期間については、欠席の扱いになりません。

 詳細につきましては、下記の添付ファイルで確認していただき、感染症もしくはその疑いのある場合、医師の診断が確定後、ただちに病名を学校に知らせ、児童・生徒の登校を見合わせてください。

 病気が回復して登校する際は、罹患した疾病により、添付ファイルの「〈様式1〉 登校許可証明書」「〈様式1-2〉インフルエンザ登校許可証明書」又は「〈様式2〉報告書」を学校に提出していただきますよう、お願いいたします。

 令和2年11月20日から、インフルエンザ罹患時の証明書が新しくなります。
「〈様式1-2〉インフルエンザ登校許可証明書」は発熱等で医療機関受診の際に医師に記入していただき、その後の経過を保護者が追記して学校に提出します。
 医療機関での治癒の確認は必要なくなりましたが、初回の受診時に医師に記入していただく必要があるため、発熱等で医療機関にかかる際に、ご持参いただきますようお願いいたします。

 なお、発熱等がありかかりつけ医を受診する際は、事前連絡の上、受診してください。
 かかりつけ医がいない場合は「東京都発熱相談センター」へ相談ください。

  東京都発熱発熱相談センター 電話03-5320-4592(24時間対応・土日祝含む)

 

PDF形式のファイルをご利用するためには、「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

教育部 学務課 保健給食係
電話番号:042-574-4042 ファクス番号:042-574-4055
〒185-0034  国分寺市光町1-46-8 ひかりプラザ4階
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。