現在位置:  ホーム > よくある質問 > くらしの情報から探す > 市政全般 > 計画・条例 > 外壁の後退の規制はありますか。


計画・条例 よくある質問

ページ番号 1020039
更新日  平成31年3月18日

質問外壁の後退の規制はありますか。

回答

「国分寺市まちづくり条例」第41条第1項第1号(開発区域の面積500平方メートル以上(国分寺崖線区域内は300平方メートル以上。国分寺崖線区域内であっても、一戸建ての住宅の建築を目的とする場合は500平方メートル以上)の土地利用)に該当する住宅の建築を目的とした建築行為においては、道路境界及び敷地境界からそれぞれ有効で1m以上の外壁後退が必要です。ただし、防火地域又は準防火地域内の建築物であって、外壁等が耐火構造のものについては、外壁後退の基準を適用しません。

詳細につきましては、「国分寺市まちづくり条例」別表第3をご確認ください。

国分寺駅北口地区地区計画区域内では、別途、地区整備計画にて壁面後退の規制を定めている区域があります。あらかじめ、地区整備区域内かどうかご確認ください。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

まちづくり部 まちづくり推進課 開発事業担当
電話番号:042-325-0111(内線:457・459) ファクス番号:042-324-0160
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。