夏の健康管理 熱中症を予防しましょう

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号 1025918  更新日  令和3年6月30日

熱中症を予防しましょう。

熱中症は予防が大切です。

新型コロナウィルス感染症対策のため、室内で過ごす時間が増えています。室内でも熱中症は起こります。
予防のポイント、症状、対応などを知り、生活にお役立てください。

予防のポイント

クーラーつけて就寝
寝る時もエアコンを使いましょう

【行動の工夫】
●暑さを避ける
●適宜休憩し、無理はしない
●こまめに水分をとる(のどが渇いたと感じていなくても)
●緩めの衣服にする(衣服内の風の流れをよくするため)
●暑いと感じていなくても、寝るときも、冷房を使う

【住まいの工夫】
●風通しをよくする
●ブラインドやすだれで日光を遮る
●エアコンや扇風機を利用する

熱中症の症状

【軽症】
●手足のしびれ
●めまい
●立ちくらみ
●筋肉痛
●ボーっとする

【中等症】
●頭痛
●吐き気
●嘔吐
●体がだるい(倦怠感)
●意識が何となくおかしい

【重症】
●意識がない
●けいれんしている
●呼びかけに対し、返事がおかしい
●まっすぐ歩けない・走れない
●体が熱い

症状が現れた時の対応

●涼しい場所に移動する
●衣服をゆるめ、身体を冷やす(首の回り、わきの下、足の付け根など)
●経口補水液やスポーツ飲料で、水分と塩分の補給をする
 注:反応がおかしい、意識がない、吐き気、症状が改善しないなどの場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

●救急車を呼ぶか迷ったら、東京消防庁救急相談センターへ 電話番号「♯7119」
 つながらないときは 042-521-2323

環境省 熱中症予防情報サイト

このページに関するお問い合わせ

健康部 健康推進課 事業推進係
電話番号:042-321-1801 ファクス番号:042-320-1181
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。