高齢者生活支援ヘルパー

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号 1001798  更新日  令和2年9月17日

骨折などにより日常生活に支障がある高齢者のかた、要介護・要支援で認定更新時に非該当となった高齢者のかたは、生活支援ヘルパーが利用できます。

対象となる方

65歳以上の在宅高齢者で、ひとり暮らしまたは高齢者のみの世帯であり、1・2のいずれかに該当する方

1.日常生活に支障があるが、短期間での回復が見込まれる方(例:発熱などの風邪、骨折、打撲などの疾病、退院後の静養)
  (注)要介護・要支援の方は利用できません。

2.要介護または要支援で訪問介護を受けていたが、認定更新時で非該当になった方
  (注)非該当の通知を受けてから1ケ月以内の方が利用可能です

援助内容

生活援助および身体介護を行ないます。(利用内容・期間は審査で決定)

申込み・相談

最寄りの地域包括支援センターで申込み・相談を受け付けます。

利用料

 課税状況などにより、利用者負担割合が異なります。

生活保護を受給しているかた、住民税非課税世帯のかた

 

無料

上記以外のかた
ヘルパー派遣にかかる費用の10%

このページに関するお問い合わせ

福祉部 高齢福祉課 いきいき推進係
電話番号:042-321-1301 ファクス番号:042-320-1180
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。