現在位置:  ホーム > 市政情報 > 会議 > 国分寺市地域福祉推進協議会 > 国分寺市地域福祉推進協議会


国分寺市地域福祉推進協議会

ページ番号 1014311
更新日  平成30年12月7日

国分寺市では平成27年9月に「国分寺市地域福祉計画」を策定しました。地域福祉の推進には、行政だけではなく市民一人ひとりのちからが必要となります。そのため、この地域福祉計画に基づき「地域福祉推進協議会」を設置し、市民の皆さんとともに地域福祉の推進に取り組んでいきます。

この推進協議会での、情報交換、交流を通じて、委員同士に新たなつながりが生まれ、国分寺ならではの取組や、地域の支え合いがさらに広がることを願っています。

平成28年度第1回当日の様子

地域福祉推進協議会とは

委員として参加されている方は

公募による市民および市内で活動する団体の推薦を受けた方が委員として参加されています。

たとえば

  • 個人で活動する市民
    (在学・在勤の方など市内在住者以外も含みます)
  • 自治会・町内会
  • 市民活動団体
  • 民間事業者
  • NPO
  • ボランティア団体
  • 民生委員・児童委員
  • 社会福祉協議会

 など

どのようなことに取り組むのか

  • 自分や自分が所属する団体ができる地域福祉の活動を考えます
  • 推進協議会において他の団体・委員と意見交換をしたり情報提供をすることで、委員同士でつながります
  • 自分の活動目標を立て地域福祉を推進する活動を行います
  • 地域福祉計画実施計画に定められた市の行う事業の進捗状況や評価に対して意見をします

年間スケジュール

平成30年度は、6月28日(木曜日)、10月23日(火曜日)、平成31年2月20日(水曜日)の3回の開催を予定しています。

 

「団体紹介・参加委員自己紹介シート」および「地域福祉に関する自主的な取組シート」集

「団体紹介・参加委員自己紹介シート」

推進協議会は、委員同士が「つながる」ことを目的としています。

参加委員同士、お互いのことが理解できるように「団体紹介・参加委員自己紹介シート」を作成しています。
 

「地域福祉に関する自主的な取組シート」

推進協議会の委員は、年度当初に活動目標を設定します。

個人の市民、団体など、それぞれができることを目標として活動に取り組むことで、地域の支え合いが広がります。ただし、こうした活動は継続していくことが重要であるため、過度な負担にならず楽しんで続けられる、無理のない範囲内での活動目標を設定することが大事です。

 

取組の自己評価

一年間の活動ののち、委員自らが取組の自己評価を行い、推進協議会で報告しています。

委員募集

委員の任期は一年で、何度でも再任していただけます。

また、市民(在学・在勤など市内在住者以外の方も含みます)であれば、どなたでも委員としてご参加いただけます。

毎年3月頃に募集を行いますので、個人の応募、団体からの委員推薦をお待ちしています。

 

福祉というと身構えてしまいますが

地域福祉は、人と人とのつながりによって、支え合えるまちづくりを進めることです。

隣近所で、お互いに顔が見える関係を築くため、日頃からあいさつをする。このような普段の行動も地域福祉の活動の一つです。

お祭りなどの行事を開催することも、交流を生み出す地域福祉の活動の一つです。

自身ができることを楽しんで行うことが支え合えるまちづくりへの一歩です。

議事録・会議録

要綱

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

健康部 地域共生推進課 地域づくり担当
電話番号:042-325-0111(内線:566) ファクス番号:042-325-9026
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。