【詳細未定】【調整給付金】定額減税しきれないと見込まれるかたへの給付について

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号 1032356  更新日  令和6年5月22日

制度概要

令和6年分の所得税及び令和6年度分の個人住民税において、定額減税が実施されます。その際に、定額減税しきれないと見込まれるかたには、調整給付金を支給します。

いち早く給付金をお届けする観点から、令和5年の所得や控除の状況に基づき、給付額が算定されます。令和6年分の所得税額が確定したあと、当初の給付額に不足があることが判明した場合は、令和7年に追加給付します。

 

 

給付対象となるかた

国分寺市から令和6年度個人住民税が課税されているかたのうち、定額減税可能額(注)が、令和6年分推計所得税額又は令和6年度個人住民税所得割額を上回るかたが対象です。ただし、納税義務者本人の合計所得金額が1,805万円を超えるかたは対象外です。

(注)定額減税可能額

所得税分=3万円×減税対象人数

個人住民税所得割分=1万円×減税対象人数

 

減税対象人数とは、納税者本人+控除対象配偶者+扶養親族(16歳未満含む)の数です。なお、国外居住者は除きます。

給付額

(1)+(2)の合計額(1万円単位で切り上げ)

 

(1)所得税分減税可能額-令和6年分推計所得税額

ただし、0円を下回る場合は0円

 

(2)個人住民税所得割分減税可能額-令和6年度個人住民税所得割額

ただし、0円を下回る場合は0円

給付までの流れ

調整給付の対象となるかたには、市よりご案内します。

詳細が決まり次第お知らせしますので、しばらくお待ちください。

このページに関するお問い合わせ

国分寺市役所
電話番号:042-325-0111(代表)
〒185-8501 東京都国分寺市戸倉1-6-1