【第4段階 夜間利用の停止】男女平等推進センター(令和3年4月12日時点)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号 1024972  更新日  令和3年4月12日

緊急事態宣言解除後の感染再拡大を防ぐため、引き続き5月11日(火曜日)まで、201号室・202号室の夜間利用(18時から22時まで)を停止し、開館時間を17時までとします。

 新型コロナウイルス感染症対策のため、現在施設の一部(201号室・202号室・図書資料室)のみがご利用可能となっておりますが、令和3年1月8日(金曜日)から、201号室・202号室の夜間利用(18時から22時まで)を停止し、17時に閉館します。

(注釈)新型コロナウイルス感染症による、緊急事態宣言解除後の感染再拡大を防ぐため、引き続き警戒感を継続する必要があることから、東京都のまん延防止等重点措置適用に伴う要請等「その他の施設への対応(措置区域以外)」に準拠し、現在実施している夜間の利用時間短縮を5月11日(火曜日)まで継続します。

 生活実習室は引き続き利用を中止しております。

 利用者の人数は引き続き201号室は7人、202号室は10人までとさせていただきます。

 ご不便をおかけいたしますが、ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

利用に係る留意事項

利用については、制限を設けておりますので、下記の「緊急事態宣言の再発出に伴う国分寺市の公共施設利用フロー 」「男女平等推進センター利用に係る留意事項」をご確認ください。

ご不便をおかけしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願いします。

・来館前には必ず検温し、平熱より1度高い場合や、発熱がない場合でも、息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ、軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある場合は来館をご遠慮いただきます。

・感染症リスクが高いと判断される「大声を出す、歌う、同じ物品を複数で共有する場合」については、以下の準備をお願いします。
 *活動団体で新型コロナウイルス感染症への感染防止対策の具体的な方針を作成し市へ提出いただくようお願いします。(全国規模の組織・団体等が示す利用におけるガイドラインに準じて作成をしてください。)
 *市と利用においての協議が整った上で、施設の予約をしてください 。

・施設利用の際は、利用者報告書を提出していただきます。

・ロビー、給湯室の利用はできません。

相談業務について

相談業務については、一部再開する一方、引き続き相談方法を変更する等の対応を行っています。

身近な人権相談 中止 (注釈)法務省による人権相談などをご利用ください。

女性法律相談 再開 (注釈)面接相談のみ

女性のためのカウンセリング(予約制) 再開 (注釈)面接または電話相談

女性の悩みごと相談 再開 (注釈)面接・電話・メール相談

犯罪被害者等支援相談 再開 (注釈)面接・電話・メール相談

 

PDF形式のファイルをご利用するためには、「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 人権平和課 人権平和担当
電話番号:042-573-4378 ファクス番号:042-573-4388
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。