• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 保険・年金・税金 > 税金 > 住民税 > 平成30年度の主な改正


ここから本文です。

平成30年度の主な改正

ページ番号 1017358  更新日  平成29年12月19日

給与所得控除の見直し

給与所得控除の上限が適用される給与収入が下表のとおり引き下げられます。

適用時期

平成29年度(平成28年分)

平成30年度(平成29年分)

上限額が適用される給与収入額

1200万円

1000万円

給与所得控除後の上限額

230万

220万円

セルフメディケーション(自主服薬)推進のための「スイッチOTC薬控除(医療費控除の特例)」の創設

健康の維持促進、疾病の予防として、平成29年1月1日~平成33年12月31日に、一定の取り組み(*1)を行う個人が、自己または自己と生計を一つにする親族に係る一定のスイッチOTC医薬品(*2)を購入した場合、1月1日~12月31日に支払った合計額が12,000円を超える額(上限額88,000円)を、翌年度の総所得金額などから控除する制度です。

<注釈> 本特例の適用を受ける場合、現行の医療控除の適用は受けられません。

(*1)「一定の取り組み」には、

 (1)特定健康診査(生活習慣病予防検診等)

 (2)予防接種(定期接種・インフルエンザワクチン)

 (3)定期健康診断

 (4)健康診査

 (5)がん検診

 のうちいずれか1つを受けていること。なお、証明書類が必要

証明書類には、領収書または結果通知表が必要。以下の記述があること。

 (1)一定の取り組みを行った方の氏名

 (2)一定の取り組みを行った年

 (3)保険者、事業者、市区町村の名称、医療機関の名称または医師の氏名の記載があるもの

(*2)スイッチOTC医薬品とは、

要指導医薬品と一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品(薬局・薬店などで販売されている医薬品。類似の医療用医薬品が医療保険給付の対象外のものを除きます)

セルフメディケーション税制の申告時における「明細書」の添付義務化について

申告書を提出する際に、スイッチOTC医薬品を購入したレシートや領収書の提出の代わりに、「セルフメディケーション税制の明細書」を添付しなければならないこととされました。購入した薬局などの名称ごとにまとめて、一覧表に記載して下さい。

ただし、「セルフメディケーション税制の明細書」を添付することについては、経過措置として平成30年度から平成32年度までの市民税・都民税の申告については、医療費の領収書の添付又は提示でも可です。(明細書を添付しない場合でも、レシートや領収書は購入した薬局などの名称ごとにまとめておく必要があります。)

医療費控除明細書について

下記よりダウンロードできます。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

総務部 課税課 住民税係
電話番号:042-325-0111(内線:327) ファクス番号:042-325-1380
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。