• ホーム
  • くらしの情報
  • まちの魅力
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 市政情報

現在位置:  ホーム > くらしの情報 > 保険・年金・税金 > 税金 > 住民税 > 申告について


ここから本文です。

申告について

ページ番号 1022097  更新日  令和1年12月17日

 個人住民税は国分寺市が税額を計算し,これを納税義務者に通知して納付していただく仕組みになっています。

(1)国分寺市内に住所があるかた

(2)国分寺市には住所がないが,市内に事業所,事務所または居住用家屋(家屋敷)(注釈2)を有するかた

については,原則市民税・都民税申告書を提出しなければなりません。 (市民税・都民税申告書が必要なかたは,申告書の郵送をいたしますので,下記お問い合わせ先までご連絡をお願いいたします。)

ただし,以下のいずれかに該当するかたは申告の必要はありません。

・前年中に収入のなかった(合計所得35万円以下)かた

・所得税の確定申告をされるかた

・前年中の所得が給与収入のみのかたで,勤務先より国分寺市に給与支払報告書の提出があったかた

・公的年金等の収入のみのかたで,公的年金等支払者より公的年金等の支払報告書の提出があったかた

・国分寺市内に居住の親族に扶養されているかた

(税法上の扶養に認められるためには,扶養されるかたの前年中の合計所得が38万円以下である必要があります)

 

(注釈1)国分寺市内に住所があるか,また事業所などがあるかは,その年の1月1日(賦課期日)の状況で判断されます。

(注釈2)家屋敷とは,自己または家族が居住するために住所地以外に設けられた独立性のある住宅をいい,別荘や単身赴任等で時々帰宅する関係にある住宅なども含まれます。

(注釈3)申告いただいた内容については,国民健康保険税等の算定,各種手当等の受給判定および所得に関する各種証明書等の資料となります。また,前年の合計所得金額が35万円以下のかたは申告義務がありませんが,申告により国民健康保険税の税額が変わる場合があります

(注釈4)支払われた国民健康保険税(料),生命・地震保険料及び扶養の状況等の市への申告で税額が下がる場合があります。

(注釈5)源泉徴収の対象とならない公的年金等(外国で支払われる年金)の支給を受けているかたは,所得税の確定申告の義務がある場合があります。

 

このページについて、ご意見をお聞かせください。

このページは、みなさんのお役に立ちましたか。評価してください。

ご入力時の注意事項

  • 回答が必要な問い合わせなどは、下にあるお問い合わせの専用フォームをご利用ください。
  • 丸付き数字などの環境依存文字は、正しく表記されない恐れがありますので、使用しないでください。

よりよいコンテンツ作成のため、参考にさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ

総務部 課税課 住民税係
電話番号:042-325-0111(内線:327) ファクス番号:042-325-1380
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。