介護マークをご活用ください

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号 1024701  更新日  令和3年1月6日

介護マークのご利用について

介護マークとは

介護マーク

認知症の方などの介護は他の人から見ると介護をしていることが分かりにくいため、誤解や偏見を持たれることがあります。
「介護マーク」は、介護者が介護中であることを周囲に理解していただき、外出先で介護しやすくなるように、さりげなくお知らせするマークです。

外出先で「介護マーク」を見かけたら、温かく見守ってあげてください。

(このマークは静岡県が考案し、国が全国での普及を推進しています)

介護マークの活用


次のような場面でご活用ください。
 

1.介護していることを周囲にさりげなく知ってもらいたいとき
2.駅やサービスエリアなどのトイレで付き添うとき
3.男性介護者が女性用下着などを購入するとき     など
 

 

介護マークの配布について

市では介護している方の精神的負担を軽減するため「介護マーク」を配布しています。

下記窓口でお申し込みください。
首から下げるケースに入れた「介護マーク」を無料でお渡しします。

・高齢福祉課(いずみプラザ1階)
・第2庁舎高齢福祉課(市役所第2庁舎1階)
・各地域包括支援センター(市内6ヵ所)

 

下記ファイルからもダウンロードできます。
マークをダウンロードしご利用される場合、ケースはお渡ししておりません。

 

PDF形式のファイルをご利用するためには、「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

福祉部 高齢福祉課 いきいき推進係
電話番号:042-321-1301 ファクス番号:042-320-1180
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。