国分寺市小規模開発事業等指導要綱の一部を改正しました

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号 1002252  更新日  令和3年8月27日

第1種低層住居専用地域における敷地面積の最低限度を改正しました

 平成17年4月1日より、国分寺市小規模開発事業指導要綱を施行しています。この要綱は、国分寺市まちづくり条例(以下「条例」という。)第41条の適用を受けない開発事業(自己の住宅の建替えを行なうものを除く)について、条例の基本理念にのっとり事業者に要請する協力の内容として、敷地面積の最低限度、緑化の推進などを定め、良好な地域環境の形成に寄与することを目的としています。

 令和3年3月の条例改正に伴い、本要綱第3条(敷地面積の最低限度)の一部を改正しました。なお、この改正しました要綱は、令和3年9月1日から施行します。

 

要綱第3条(敷地面積の最低限度)

 

敷地面積の最低限度

区域

改正前

改正後

第1種低層住居専用地域

120平方メートル

115平方メートル

第1種中高層住居専用地域、

第2種中高層住居専用地域、

第1種住居地域、

第2種住居地域及び準工業地域

 

110平方メートル

 

110平方メートル

近隣商業地域

100平方メートル

100平方メートル

 要綱の内容は下記PDFファイルのとおりです。

PDF形式のファイルをご利用するためには、「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

まちづくり部 まちづくり推進課 開発事業担当
電話番号:042-325-0111(内線:457・459) ファクス番号:042-324-0160
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。