国分寺仁王門【市重要有形文化財】

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号 1004223  更新日  平成27年10月13日

仁王門の画像1

国分寺境内にあり、宝暦年間(1751から1764)に建てられた八脚門です。

所在地

国分寺市西元町1-13-16

電話番号

国分寺 042-325-2211

交通アクセス

JR中央線・西武国分寺線・多摩湖線→国分寺駅徒歩18分/JR中央線・武蔵野線→西国分寺駅徒歩15分

国分寺仁王門

仁王門の画像

使用している木材の一部は建武2年(1335)に新田義貞が再興した薬師堂の古材を使用していると伝えられ、「新編武蔵風土記稿」にもその説が紹介されています。
もとは萱葺の屋根でしたが、現在は瓦葺の入母屋造になっています。門の左右には、作者不明で享保3年(1718年)に作られた阿(向かって右・口を開けている)吽(向かって左・口を閉じている)の仁王像が安置されています。
 

地図

国分寺仁王門【市重要有形文化財】の地図

関連情報

このページに関するお問い合わせ

教育部 ふるさと文化財課 史跡係
電話番号:042-300-0073 ファクス番号:042-300-0091
〒185-0023  国分寺市西元町1-13-10
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。