「国分寺市国土強靱化地域計画」を策定しました

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号 1025924  更新日  令和3年6月1日

 国土強靱化地域計画は、「強くしなやかな国民生活の実現を図るための防災・減災等に資する国土強靱化基本法(平成25年12月制定)」第13条基づき、大規模自然災害に対し、市民の生命と財産を守り、持続可能で強靱な地域づくりを推進するための計画です。

 この計画では、災害発生時に想定される「起きてはならない最悪の事態」を回避するための平時に必要な施策について、脆弱性の評価に基づき、今後の取組方針を定めています。

国土強靱化とは

 これまで日本は、災害の都度、長期間にわたる復旧・復興という歴史を繰り返してきました。国土強靱化とは、こうした「事後対応」の繰り返しを避け、平時から大規模自然災害に対する備えを行うことで、どんなことが起ころうとも最悪の事態に陥ることが避けられるような強靱な行政機能や地域社会、地域経済を事前につくりあげていこうとするものです。

PDF形式のファイルをご利用するためには、「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

このページに関するお問い合わせ

総務部 防災安全課 防災係
電話番号:042-325-0111(内線:220・373) ファクス番号:042-326-3624
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。