住宅用火災警報器

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号 1002453  更新日  平成26年9月15日

つけましたか?住宅用火災警報器

 火災警報器は、熱や煙を感知して音声や警報ベルによって早期に火災の発生を知らせます。東京都の火災予防条例により、以下のとおり住宅用火災警報機の設置が義務となっています。

(1) 新築・改築する住宅
平成16年10月1日から設置が義務となっています。
(2) 既存の住宅
平成22年4月1日から設置が義務になります。

住宅用火災警報器はどこに設置するの

 住宅用火災警報器は、居間や寝室、台所などすべての部屋、階段に設置をしなければなりません。(浴室、トイレ、洗面所、納戸などは除きます)

住宅用火災警報機に関するご相談とお問い合わせ

 消防署では、住宅用火災警報器に関する相談を受け付けています。
 問い合わせ先:国分寺消防署警防課
 電話番号:042-323-0119 

このページに関するお問い合わせ

総務部 防災安全課 防災係
電話番号:042-325-0111(内線:220・373) ファクス番号:042-326-3624
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。